スプレッド比較で断トツの結果!この業者を使えば100円から取引可能!

先物取引の手法について

株式相場の活況が続いていますが、先物取引の証拠金額が増えているのは頭が痛いところです。とはいえ、この上昇局面でもそれなりの利益は出せているので、その方法について取り上げてみます。基本的には逆張りで仕掛けるのが長く続けてきて身についた手法です。買い玉を持っていたならば上げている局面では買い増しはしないわけです。

そして相場が下がる場面で単価を下げるために買い増しを行うわけです。そして上げたら売りポジションを建てます。買いを手仕舞いではなく、売りを建てて両建てに近い形にするのが手法というよりも癖のようなものとなっています。何となく精神的に楽になるというのが、その理由です。大きく上げる場面では先物の売り建てを増やすことになるので、下手をすると上昇局面で売りポジションとならないように気をつける必要はあります。

けれども他の人の取引を見ていて思うことがあります。大きく利益を出した人はどうしても気が大きくなり、また自信をつけるために大胆な取引を行うようになるケースが多いものです。そのために、買いポジションの中でも売り建てを建てることはある意味ストッパーとなるのです。時に大商いを見せる中でひとり複雑なポジションをどう操作するかで四苦八苦するようなこともありますし、そのような時は素直に一方通行でも良いのではと思うこともあります。けれども、そうした中でも多いな損失を出すこともなく、震災の時にも怪我をせずに済んだのはこの手法のおかげだと思っています。

サイトマップ |  はじめてのFX取引について |  不動産投資 |  はじめての外貨投資 |  分散投資したけれど… |  前からあるところが好きです |  時間がかかりません