スプレッド比較で断トツの結果!この業者を使えば100円から取引可能!

外国為替証拠金取引(FX)の種類

急速に取引者数が増加している「外国為替証拠金取引」通称「FX」。 簡単に説明するとドルが安いとき(つまり円高)にドルを買い、ドルが値上がり(つまり円安)になった時に売り、その差額を設けるということ。 株式にも似てますが、株の売買と違うとことは「売り」から入れるということ。つまり、ドルが高い時に「売り」を予約しておいて、下がった時に「買い」をすれば、またまたその差額も利益になります。

要するに、将来外国為替が値上がりするか、値下がりするかを予想し、それが当たれば利益になるという取引です。 近年急激な広がりを見せているFXですが、実際に利益を出せるのは1割ほどと言われています。 為替の動きは素人には予測が難しく、「あっという間に損失額が膨らみ、今まで出してきた利益が吹っ飛ぶ。」ということもよくあることなのです。 自分の判断で、為替を売買する方法は「裁量トレード」と言われています。 裁量トレードはプロでも難しく、ましてや素人ではほとんどの人が失敗し損失を出しているのも事実です。

そのため、FXトレード会社は様々な取引方法を開発し、ユーザーが利益を出しやすい状況を作り、顧客を獲得しようとしています。 取引方法その1→自動売買システムトレード 「このチャートの形になったら取引を始める」など、売買のタイミングを完全にコンピューター任せにします。 人間の感情を挟まないので、たとえ損失を出しても、傷が浅いうちにあきらめることができます。

損をするのを嫌がる人はズルズル損失を拡大させてしまう傾向があるので、その点は安心ですね。 取引方法その2→トラリピ(トラップリピート) マネスクエアジャパンで利用できます。 ドルが○○円になったら買って、▽▽円になったら売ると決定しそれを永続的に繰り返すことで利益をえる手法です。 一言でFXと言ってもいろいろな方法があるんですね。

サイトマップ |  はじめてのFX取引について |  不動産投資 |  はじめての外貨投資 |  分散投資したけれど… |  前からあるところが好きです |  時間がかかりません