スプレッド比較で断トツの結果!この業者を使えば100円から取引可能!

はじめての外貨投資

今年の秋より、急速に円安がすすんできていますが、今後も円安は進むとみられています。今投資を行うにおいて円だけでの貯金だけでなく外貨なども投資対象を ひろげてみる事も必要になってきそうです。外貨投資ときくとFXなどを思い浮かべて、儲かる事や損失などの莫大な借金などをイメージする方もいるかもしれません。

FXはレバレッジ取引になるため、自分の投資したお金以上の取引をする事になるので、初心者の方には、少しおすすめ度はひくい取引になります。はじめて取引する方であれば、外貨預金や外貨MMFなどからはじめてみる方がよいと思います。外貨預金は、銀行での取引になります。外貨の残高に応じて利子がつきます。外貨MMFは主に証券会社で取り扱っていて、投資信託の株式などを一切組み入れていない公社債投資信託になります。

公社債投資信託は、国債や社債などで運用しており、一般的には、株式投資信託よりも安全性が高いもので運用をしているといわれています。外貨預金でも外貨MMFでも円から取引を始める場合は、外貨への交換を必要になります。その際にかかるのが為替手数料ですが、為替手数用は、銀行よりも証券会社の方が安い場合があります。

また、税制面でも外貨預金での為替差益は、雑所得になり申告が必要になりますが、外貨MMFは、解約に伴う為替差益は非課税になっている為、為替差益に限って考えると外貨MMFの方が今の所は有利かもしれません。というのもこれは2015年12月末までの措置で、2016年からは、外貨MMFは、申告分離課税に改正される予定となっているからです。ただし、申告分離課税になるので、株式などと損益通算ができるようになります。

サイトマップ |  はじめてのFX取引について |  不動産投資 |  はじめての外貨投資 |  分散投資したけれど… |  前からあるところが好きです |  時間がかかりません