スプレッド比較で断トツの結果!この業者を使えば100円から取引可能!

ニューヨークダウは、さらに上昇すると思う

日本時間の11月5日、アメリカ中間選挙の結果が判明し、野党共和党の圧勝が判明しました。共和党は「親ビジネス」であり、上下両院を共和党が過半数制することになりましたので、共和党が、経済活動をより活発化させる方向性を持った法案を出してくる可能性が高いです。規制緩和法案も出てくるでしょう。

こうした法案が成立すれば、経済は活性化する可能性が高いわけですから、これを先取りして、ニューヨークダウは、今後さらに上昇していくと思われます。 日本の新聞社やTV局は、これでオバマ大統領は政策遂行能力を喪失して、レイムダック化したとコメントしていますが、そうは思いません。民主党のオバマ政権も、2年後の大統領選挙で引き続き民主党が勝利するために、経済対策を実行したいと考えていると思います。

これから経済を活性化させて、アメリカのGDPをさらに成長させるという点では、共和党も民主党も利害が一致しているのです。議会のねじれが解消したことにより、むしろ、経済政策は前に進むのではないかと考えます。 アメリカという国は、大統領任期の前半に、国民に痛みを伴う政策を実施し、後半の2年間に景気刺激策を打って、有権者が与党に投票するように好景気になるように経済政策を主導すると言われているのです。

これまでの過去の経験則でも、中間選挙が終了してから2年後の大統領選挙までの期間というのは、ニューヨークダウは大幅に上昇しています。なお、1914年以降、中間選挙の年の安値から翌年の高値までの、平均的な上昇率は約48%となっています。

サイトマップ |  はじめてのFX取引について |  不動産投資 |  はじめての外貨投資 |  分散投資したけれど… |  前からあるところが好きです |  時間がかかりません