スプレッド比較で断トツの結果!この業者を使えば100円から取引可能!

スワップ狙いの両建て取引はあまりメリットが無い

FXのスワップポイントはFXの業者によっていろいろ違ってきます。だから違う業者同士だと、通貨によっては買いのスワップと売りのスワップに開きが出来てきて、一番高いスワップを提示している業者で買いのポジションを取って、一番安いスワップを提示している業者で売りのポジションを取る両建てでスワップの差額を得る取引方法が有ります。

この方法を継続するには売りのポジションを取っている業者の所に資金を補充していかなければなりません。何故なら売りのポジションだとスワップがマイナスだから、毎日スワップ分を払うことになり、日が経つごとに証拠金が減っていきます。そして強制ロスカット回避で売り買いどちらの業者にも厚めに資金を入れておく必要が有ります。だからスワップの差額をただ取りしている感じでも、資金効率からいくとさほどメリットが有りません。

そして決済時にはどちらの業者も手数料が無いとはいえスプレッド分を払いますから、スプレッド分の払いも有って両建てによるスワップのただ取りはあまりメリットが無いということです。高金利通貨ほどスワップが多くなり、業者間のスワップの差も大きくなります。しかしその分スプレッドも大きくなりますから、スプレッドの影響を小さくするには出来るだけ両建てを長く続ける必要が有ります。

しかし長く続ければ続けるほど、売りのポジションの方の口座には追加入金をしなければならず、通貨がどちらか一方に動いたら、資金も移動とかで追加をしなければ手間が有るので、労力がかかる割にはあまりメリットが無い投資です。

サイトマップ |  はじめてのFX取引について |  不動産投資 |  はじめての外貨投資 |  分散投資したけれど… |  前からあるところが好きです |  時間がかかりません