資産運用初心者ならココから始める!わずか100円でFX

FX初心者が取るべき作戦

FXは""Foreign eXchange""の略で、日本語では""外国為替証拠金取引""と呼ばれています。株などの取引と異なり、新規売買と決済時の差額のみをやりとりするタイプの取引であるため、証拠金として預けた資金に対して数倍から数百倍の商品の売買を行うことが可能です。少額の証拠金で高額な取引ができ、予想が当たれば一攫千金も夢ではないため、FX初心者の多くは最初から大きな利益を狙う傾向があります。しかし、早々に大きな損失を出して市場から去ってしまうトレーダーも多くいます。

そのため、FX初心者はリスクを低く保つことを心がけて、生き残ることを重視して取引を始めるべきです。 具体的にどういう作戦を取っていけば、リスクを低く抑えることが出来るのかというと、以下の3点を意識して行動すると良いでしょう。FX初心者の間は意識しておくことを薦めます。

1つ目のポイントは、レバレッジを大きくしないということです。レバレッジが大きくなるということは証拠金に対する売買額が大きいということですので、1回の失敗で今後の取引が継続不可能になる程のダメージを受ける可能性があります。特に海外のFX業者で取引を行っている場合は、高いレバレッジに目が引かれますが、リスク管理が大事だということを覚えておく必要があります。

2つ目のポイントは、為替変動が大きい通貨には手を出さないということです。新興国の通貨は変動幅が大きく魅力的に映りますが、寝ている間や仕事をしている間に急激に変動してしまい、突然大きな損失を抱えてしまう可能性が高いです。また、スプレッドが大きくなるため投資の効率が悪いこと、ハードカレンシーであるドルやユーロと比べて、取引の情報量が少ないというデメリットもあります。

3つ目のポイントは、ロスカットを必ず設定するということです。為替相場は24時間眠ること無く動き続けていますので、自身が寝ている間に取り返しのつかない大損が生じるかもしれません。そんな事態を防止するために、ロスカットを設定して損失を限定させることが重要です。

1000通貨単位なら効率の良い投資をすることができる

投資をして見たいけれど資金が、それほど無いという人は多いのではないでしょうか。 投資をするからには当然利益を出したいものですし、利益を出すためにはある程度の資金が必要となってきます。 投資をする際に大事なことは堅実にコツコツと利益を積み上げていくことではありますが、いくら堅実に利益がでるといっても銀行の預金のように年間に数円から数百円程度の利益にしかならないのであれば機会損失の方が大きなものとなってしまいます。

そのため、お金をただ寝かせて置くのではなく資産運用をしたいと考える人も多いものですが、資産運用をするにしては少額に資金となると、何をして良いのか悩んでしまいがちです。 最近は株の取引が少額の資金でも行いやすくなりましたが、それでも満足の行く取引をするにはある程度まとまったお金が必要なのが株の取引となってしまいます。

そこで、少額の資金でも資産を運用しやすい金融商品としてFXがあるので、これを試してみてはいかがでしょうか。 特に最近のFXは1000通貨単位から取引を始めることができる、業者が多いので非常に少ない資金であっても資産運用を開始することができるようになったのです。

1000通貨単位からの取引ということは、1円動いても損益は1000円にしかなりませんから初心者が始めてみるにしてもリスクが少なく、投資の練習としても最適なものとなっています。 また、1000通貨単位だからといって1000通貨の取引をしなければいけないわけではありませんから10000通貨からの取引をしても問題がありません。

それでは大きな取引をする人には、1000通貨単位から取引できるのは無意味かというとそのようなことはなく資金に対して目一杯のポジションを持つことができるので、効率よく投資ができるという利点があります。 10000通貨単位であれば当然それを満たす証拠金がなければポジションを取れませんが、1000通貨単位では9000通貨といったポジションがもてるので、資金を目一杯使った取引もできるのです。

SBIFXトレードでドルストレートの取引を行う

SBIFXトレードの特徴の一つとして、ユーロ/ドルやポンド/ドル、豪ドル/ドルなどのドルストレートを取引しやすいことが挙げられます。ドルストレートを取り扱っている業者はいくつかありますが、取引コストが高いものが多いです。つまりスプレッドが高いものが多くあるために、短期売買にはあまり適していないと考えられます。SBIFXトレードならドルストレートもかなり充実していますから、取引しやすいでしょう。

ドルストレードの取引が必要だという人と、クロス円の方が良いという人とがいますが、実際にはどちらが良いのでしょうか。これは考え方次第で、極論すれば好みで決めれば良いことです。ただ、投機的な取引をするのか実需として取引をするのかによって選び方は異なるはずです。

実需として取引するというのは、FXの本来の使い方をする場合を指します。FXは、本来は為替ヘッジのための先物取引として作られたものですから、たとえば海外企業との貿易を行っている会社があれば、FXで為替ヘッジと用いることができます。このような実需としての取引が行われ場合、クロス円で取引をするのが一般的です。

投機的に取引をする場合、投資対象は何でも良いのですが、取引が活発に行われているかどうかということを考えた場合、ドルストレートのほうが適しています。クロス円というのは、日本で取引されやすい通貨ペアで、世界的に見ればドルストレートが基本です。なぜドルストレートなのかというと、ドルが基軸通貨であって、国際的な取引の多くがドルで行われるからです。

世界で最も多く取引されている通貨ペアはユーロ/ドルです。ユーロ/円を圧倒的に上回っています。短期売買するのなら、豪ドル/円よりも豪ドル/ドルのほうが適しています。SBIFXトレードならドルストレートについても有利なスプレッドで取引できるというメリットがありますから、短期売買を本格的に行いたい人には適しています。

サイトマップ |  はじめてのFX取引について |  不動産投資 |  はじめての外貨投資 |  分散投資したけれど… |  前からあるところが好きです |  時間がかかりません